トムソンプレス打ち抜き加工とは?

トムソン型(木型)や金型を用いて、あらゆる素材を打ち抜く(プレス)加工です。

トムソン型とは、ベースであるベニヤ板や樹脂板にレーザーで溝加工を施し、

その溝と同じ形状に曲げた鋼の刃物(トムソン刃)を埋め込んだ型です。

弊社では、最大テーブルサイズ2000x600mmまで対応。

16μmの極薄フィルムから50mm厚の発泡スポンジ、

硬質から軟質まで様々な材料を打ち抜くことが可能です。

従来金型プレス型でしか対応できなった硬質素材や、

トレーや成形品などの三次元形状の打ち抜きをトムソンプレスで実現しました。

他社で打ち抜き不可能な材料でも一度弊社にご相談下さい。

 

トムソン型・ピナクル型打ち抜き加工